読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京さばい部

東京砂漠で生き残れ

電車でなめられない男になる(第1回)

f:id:TokyoGyango:20161111233827j:image

電車でよくなめられる。

 

と言って、決して色っぽいマダムが次々寄ってきては首筋をペロリとする、ということではない。

自分は割と空間認知能力に長けた人間であり、朝の混雑する電車において、何処にどういう体勢でいれば、自分ならびに周りの人たちが快適に過ごせるか、ということを瞬時に判断し行動できる。

ところが、世の中には何が楽しいのか、なんて言うの?電車は殺伐としてなきゃいけません教信者みたいな人がいる。いる、っていうか、多い。割と。東京砂漠。

そういう人は、自分の躰をほんの30度くらい向きを変えれば皆が、辛いながらも平穏な朝を過ごせるところ、頑としてそれをせず、車窓と平行の姿勢を保ち、人間突っ張り棒の如く空間を確保する。周りは辛いが俺はピース、みたいな状況にカタルシスを感じる人種なのではないか。半ば真剣にその可能性を疑うのである。

 

二日前の朝もそうだった。

車両点検のため遅延した電車には、いつもよりほんの少し多めの人が乗車していた。 ドア付近は大分混み入ってきたので、いつもの如く、車両中程へ移動した。女子高生二人組、制服の感じか垢抜けない感じからか、いつも見ない感じの子たちに感じたのだが、そんな二人が手すりにつかまっている。そして反対側の手すりにもサラリーマンがつかまっている。その間には程よくスペースが空いている。

東京メトロ大江戸線であればそうはいかないが、JRであれば、皆がわきまえたポジションにいれば、三列は普通に収まる。自分は前後左右、誰にも迷惑をかけないであろうポジションで、スマホを見るでも本を読むでもなく、小さく俯いて立っていた。

そんな自分の背後に、突然意を決したように推定39歳のパタゴニアおっさんが割り込んできた。何故だろう、そういう事をする方はだいたいガタイがいい。ダイタイガタイガイイ。DGGE。このガタイガイイおっさんを含めての四列乗車は無理である。いきおい自分は、目の前の女子高生をぎゅうぎゅうに押す体勢になり、割り込んで来たおっさんといい関係を築きたいのだがおっさんはドゥテルデ並みの好戦的態度で、スマホを手にし突っ張り棒化を始めた。

女子高生二人組が振り返り、俺を一瞥する。そして二人は俺を、迷惑な奴ねえ、という具合にアイコンタクトする。

いや待って、違うんです、俺は悪くない。言いたいが何も言えず、絶望という名の電車は進み続ける。

 

そんな目に週4回は遭っている気がする。

 

さすがにこれはなんなんだろう、こういう目に遭いやすい人、遭いづらい人、いるとすれば俺は確実に前者。この体質を改善することは出来るのか。

そんな事を延々考えていたら夏の終わりからブログ記事がまとまらず書けないでいた訳です。いやホント。

さばい部をテーマとしている当ブログとして、この問題を何時までも放置する訳には行かないので、まず第1回ということで書いてみた次第である。次回に続くのである。多分恐らく。

 

トンボ 超強力伸縮ポール ホワイト (68~104cm 耐荷重60~30kg) P-104

トンボ 超強力伸縮ポール ホワイト (68~104cm 耐荷重60~30kg) P-104