東京さばい部

東京砂漠で生き残れ

ネスプレッソは最高の白湯マシン

前回に引き続き「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」的な話で申し訳ない。
だがしかし事実なのである。

ネスプレッソは最高の白湯マシン、なのだ。


まず白湯の話をしなければなるまい。
そもそも知人に「白湯いいよ」と薦められたのは、もう二年も前になるだろうか。寝起きにまず白湯を飲む。これを続ければすこぶる体調が良くなる。と。

至って簡単な事のように思える。朝一杯のお湯を飲むだけである。
だが私の家にはポットがないので、都度やかんでお湯を沸かすことになる。お湯を沸かすのには時間がかかる。これはポットがあったとて、同じ事なのである。もしポットのお湯が切れていたら、沸かさないといけないのだ。自分の場合、朝のクソ忙しい時間帯にそれをやるのがちと難しく、従って白湯を飲むのが習慣化しなかったのである。負けたのである。アイムアルーザーベイビー。ソーワイドンチュキルミー。

そんな敗北の日々を過ごす私であったが、ある日私の生活に「ネスプレッソマシン」が導入された。エスプレッソ好きの私が、家で美味しいエスプレッソを安く飲むのに、これ以外の選択肢はないと判断したからである。

ネスプレッソ本来の用途であったり、それで味わうことのできるエスプレッソについては今日の本題ではないので超割愛する。本日の本題は、以下の動画である。



ネスプレッソは勿論通常は、コーヒー豆が詰められているカプセルをセットしエスプレッソを抽出するわけだが、カプセルをセットしない場合、お湯だけが出るようになっている。スイッチ投入後お湯が出るまでは、お湯ボタンの点滅を待たないといけないのだが、お湯の投入まで1分かからないのである(※前回の電源投入からどれだけ経っているかで時間は変動するが、その日初めての電源投入でも1分かからないのは確認済みである)。スイッチ押す以外にやることは、後ろのタンクに水をセットするだけである。
これなら1分1秒を争う、朝の時間帯における白湯習慣化も楽勝なのである。

このためにネスプレッソ買いなさいとは死んでも言えないが、なかなか便利に使えますよ、という話でした。ティーバッグの紅茶入れたりとかね。

ま、カプセル切らせてない限りはエスプレッソ飲むんで、白湯は相変わらず習慣化してないのですが(こら)。
ただ白湯良いらしいので、健康にサバイブするために、お勧めしておきます!では。

朝の一杯 白湯を飲むだけ健康法

朝の一杯 白湯を飲むだけ健康法

ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア ルビーレッド C40RE

ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア ルビーレッド C40RE

Nespresso オートタイプ PIXIE(ピクシー) チタン C60TI (お試し用カプセル付)

Nespresso オートタイプ PIXIE(ピクシー) チタン C60TI (お試し用カプセル付)