読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京さばい部

東京砂漠で生き残れ

電車でなめられない男になる(第2回)

前回自分は、如何に自分が電車でなめられ易い体質であるかを書いた。 対策を講じる編に移る前に、東京の電車問題について思うことを、も少し書かせてちょ。 ポールダンサー問題 電車の座席の左端と右端、ドア付近に、天井から椅子を連結する2本のポール状の…

電車でなめられない男になる(第1回)

電車でよくなめられる。 と言って、決して色っぽいマダムが次々寄ってきては首筋をペロリとする、ということではない。 自分は割と空間認知能力に長けた人間であり、朝の混雑する電車において、何処にどういう体勢でいれば、自分ならびに周りの人たちが快適…

男はさ、細かいことに拘ってるようじゃダメだ

と思うのよね。 昨晩、混雑する電車でたまたま席が空いたので有難く座らせて頂いたときのこと。自分、ここ数年老眼が物凄い進んで、老眼鏡が必要で、それをシャツの胸ポケットに入れていて。 で、iPhoneをズボンのポッケに入れていたのだけど、電車で座って…