読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京さばい部

東京砂漠で生き残れ

男の風呂場には、石鹸ひとつあればいい。

石鹸 生活 さばい部

f:id:TokyoGyango:20160613231033j:image

お酒は温めの イカでいい 女房は炙った イカでいい

 

つうわけで舟唄を思い出しそびれながら今日は皆に何を伝えるか。

 

風呂場には、石鹸ひとつあればいい。

 

さばい部というより不惑親父の健康ブログの装いを帯びてきたのはまあ目をつむってくれ給え君。

 

ちょっと前の記事にも書いたとおり、小生皮膚が弱いのです。で、低刺激性のボディソープやらなんやらね、まあ一通り試しましたよ。で、そんな過程を経て、特効薬はないと結論したのだけど、その過程でもう一つ気づいたこと。洗髪も洗顔も洗躰もですね、石鹸ひとつありゃいいんですよ。

 

メリット① 安上がり

保湿何やら配合、とか言って600円とかするボディソープ。ノンシリコンとか言って500円とかするシャンプーに何でかペアで揃えるスニーカー、もとい、コンディショナー。炭配合で毛穴の汚れも栄養もこそげ落とす洗顔石鹸300円。

 

洗い流すもんになんでそんなに大枚はたくのか。余計な混ぜ物少なめの石鹸でいいよ。500円もだしたら高級石鹸が買えるよ。

 

メリット② 時間の節約

もう10年くらいになるのかな、シャンプーとコンディショナーのボトルに点字の如く、触ってわかる目印的なものがついたのは。もう手探りで3つのボトルを判別する必要はないのだ、キミの右手に石鹸ひとつ握られて居る限り。よく泡立てた石鹸で頭も顔も躰をも撫でつけ、さっぱり流せばよいのだ。

 

メリット③ あれこれお得

君が入浴している様を僕は見たことがないから想像で言うけども、君は風呂場で、シャンプーしてそれを流し、コンディショナー使ってそれを流し、ボディソープで躰を洗ってそれを流すよね?当たった、すげえ。

まあ人間の性だと思うんですよ。シャンプーして流さずコンディショナーしてそれも流さず躰洗って最後に全部流す人が居たらそりゃもう何も言いませんけど。言いませんけども。

 

石鹸ひとつなら全部洗った後に全部一気に流せば良い。先に書いた時間の短縮、これすなわち水道代ひいてはガス代の節約になるわけで、一石五鳥位の効果はある。

 

つうわけでね、石鹸ライフいいよ、お得だよ、とそういうお話でした。

冒頭の写真は頂き物ね。こんなの使った日にはちょい贅沢な気分だわさ。

 

例えばこんな石鹸たち。

無添加石鹸白いせっけん3P

無添加石鹸白いせっけん3P

 

 定番

マジックソープ バー ティートゥリー 140g

マジックソープ バー ティートゥリー 140g

 

 種類によってはちょっとピリッとした

タマノハダ ソープ 005 フィグ 125g

タマノハダ ソープ 005 フィグ 125g

 

これすごいいい匂いだった。まんまるでかわいい石鹸。他にも香りの種類あり。